くれ竹筆ぺん
おすすめのコンテンツ
  • 美文字プロジェクト
  • カラー筆ぺん

祝儀袋の書き方

はじめに

「冠婚葬祭」とは、古来より日本人の生活に深く根差してきた「冠婚葬祭」のしきたり。

暮らしの中で、ついつい忘れてしまいがちですが、時には避けて通ることのできないのがこの「冠婚葬祭」です。

冠婚葬祭とは、人生の四大儀礼である冠礼(元服)、婚礼、葬儀、祖先の祭祀のこと。

これが転じて現在では慶弔の儀式全般を意味することばとなっています。

冠婚葬祭に関する基本的なマナーや決まりごとを意識して、贈る相手の方に失礼のないように心掛けたいですね。

冠婚葬祭に関するマナーや豆知識、日常慌てず対応できる様に書体の文字例など、便利に使っていただきたい内容をご用意しています。

慶弔事例に合わせてご利用下さい。

とは

冠とは、人間が生まれて一人前になったしるしに頭にかぶる儀式「元服」をさしています。

現在でいえば成人式のことです。

子供から成長し、親の保護から離れ、一人前になり、結婚によって子供を持ち、子供が成長する。長寿までの人生には、いろいろなおめでたい行事があります。

出産祝い・お宮参り・初節句・七五三・成人祝いなど

新築祝い・開店祝い・餞別などもあります。

とは

婚とは、婚礼の儀式のこと。結婚式。

結婚・結納

とは

葬とは、葬儀式のこと。人生の最終の儀式ですから、凶事の中でも最大のものといえます。

悲しいことながら、冠婚葬祭の儀式のうちで最も複雑で、やらなければならないことが多い儀式でしょう。

また、仏式、神式、キリスト教など宗教によって、しきたりも違ってきますので注意して対応しましょう。

香典(通夜・告別式など)・法要

とは

祭とは、お正月から始まり大晦日で終わる、古くから私達の日常生活に深く結びついている年中行事のこと。

これらの祭りは、農耕の生産活動からもきていたり、宗教的行事に長寿・健康を願う要素が加わり、年中行事として定着してきました。

今日では諸外国の風習や習慣などが混ざり、本来の意味から離れ、独特な習慣になっているものもあります。

正月・節分・歳暮・中元・暑中見舞い

その他、病気見舞い・災害見舞いなど